ロンジン シルバークッションケース 
販売価格
198,000 JPY [ inc.tax ]

1922年頃に製造されたロンジンの手巻き時計です。

シルバー製のクッション型ケースはワイヤーラグと呼ばれる固定式のラグで、非常にクラシックな作りです。

当時のクッションケースにはポーセリンダイアルが多く、金属製の文字盤は希少です。

金属製のダイアルにはブレゲ数字のプリントインデックス

針もブルースチールの繊細なブレゲ針です。

 

裏蓋の内側にシルバー925の刻印とホールマーク、ムーブメントと一致するシリアル、ミドルケースなどと一致する2ケタの刻印があります。

 

搭載されるムーブメントは分割ブリッジにコートデジュネーブが美しく、丁寧な作りのCal.12.92

当時のロンジンの時計製造の技術力の高さを伺える作り込みで、製造から100年近くたった現在でもお使い頂けるコンディションです。

 

 

メーカー名
LONGINES
モデル名
Cushion case
品番
-
製造年代
1922年頃(シリアル:3099****)
ケース径
30.5×30.5mm(竜頭除く)
ラグ幅
18mm 固定ワイヤーラグ
ケース材質
シルバー925
ケース仕様
スナップバック
キャリバー
12.92
商品へのお問い合わせ
一覧に戻る