IWC スモールセコンド シルバーダイアル
販売価格
300,000 JPY [+TAX]

IWCの初の腕時計用キャリバーとして1915年に誕生したCal.76を搭載するボーイズサイズの腕時計です。

ケース径は26.5mmと小ぶりですが、オールドインターの魅力の詰まった一本です。

ダイアルには通称キャッツアイと呼ばれるIWCのロゴが入り、インデックスプリントの一部は箔押しとなっています。

ブルースチールも綺麗な発色をみせています。

懐中時計の時代から質の高い自社ムーブメントを製造していたIWCは1915年にCal.75(スモセコなし)/76(スモセコあり)を発表しています。

非常に綺麗なコートドジュネーブ仕上げが施されたムーブメントは、最初期の小型ムーブメントということもあり、随所に工夫の跡がみられます。

文字盤取り付けも今のようにサイドからのビス止めではなく、ダイアル足が入る穴にバネを仕掛けることで、固定させています。

また、巻き上げ機構部分も、現代の一般的な作りとは異なる、パーツを組み合わせ、かなり手の込んだ作りをしています。

 

※ベルト取り付け部は固定式となっており、ベルト交換には巻きこみ式のベルトが必要となります。

 

メーカー名
IWC
モデル名
スモールセコンド
品番
-
製造年代
1920年代 (ムーブメントNo.87****)
ケース径
26.5
ラグ幅
15.5mm(固定式)
ケース材質
ステンレススチール
ケース仕様
スナップバック
キャリバー
76
商品へのお問い合わせ
一覧に戻る