IWC Cal.87 レクタンギュラーケース
販売価格
660,000 JPY [inc. tax]

1930年代のIWCの手巻き時計です。

オールドインター唯一の角形キャリバー87搭載モデルです。

18KYGのレクランギュラーケースはすっきりとしたデザインで、横幅が22㎜

ラグのバーは固定式となっているタイプです。

ツートンになった金色のダイアルには経年の傷みはあるものの、金色のベースに、ブラックで偶数のアラビア数字、奇数部には箔押しがされており、直線を多用し角形ならではのデザイン

6時位置のスモールセコンドは少し段が下げられています。

針は三本ともブルースチールで、美しい青が魅力となっています。

ケースは縦方向にカーブがつけられていて、腕に乗せたときにきれいに沿ってフィットしてくます。

ケースサイドには少し薄くなっていますが、ホールマークがございます。

裏蓋のシリアルも少し薄くなっていますが、製造から80年ほど経過している柔らかい素材の18KYGケースとしては良好なコンディションといえるかと思います。

搭載されるCal.87はオールドインター唯一の角形ムーブメントとしてコレクターからも高い評価を得ている機械です。

ムーブメント表面に擦れはみられるものの、金無垢ケースにふさわしく2番車の軸受けにもルビーが入る17石タイプです。ルビーもシャトン仕様

見どころの多いムーブメントで、細かな仕上げも高級機ならでは。

メーカー名
IWC
モデル名
Cal.87 レクタンギュラーケース
品番
製造年代
1930年代
ケース径
22×32mm
ラグ幅
18mm
ケース材質
18KYG
ケース仕様
ヒンジ
キャリバー
Cal.87
商品へのお問い合わせ
一覧に戻る